アラキドン酸とオレイン酸

「アラキドン酸」と「オレイン酸」、どちらも不飽和脂肪酸の成分です。
どちらも「不飽和脂肪酸」に分類されていますが、その効果はそれぞれ違います。
ここではその違いを紹介します。
「アラキドン酸」はレバーや卵、魚介類や肉類に含まれています。
血圧の調整、LDLコレステロールの調整などに効果があるほか、アラキドン酸は脳神経にも効果があると期待されています。
しかし、酸化が早く、過酸化脂肪酸に変わりやすいという特徴を持っています。
過酸化脂肪酸というのは、発ガンの危険性があるといわれている物質です。
「オレイン酸」はオリーブオイルやナッツ類に含まれています。
また、チョコレートやワインなどにも含まれています。
胃酸の調整をする効果があるといわれており、胃潰瘍などに効くといわれています。
また、血中から悪玉菌を除去する働きがあるといわれており、成人病の予防に効果があると期待されています。
「アラキドン酸」と違い、酸化しにくいという特徴を持っています。
そのため、発ガンのリスクが低い「不飽和脂肪酸」なのです。