アラキドン酸とビタミンEの相性

「アラキドン酸」は、不飽和脂肪酸の一種で、身体に必要な成分です。
しかし、酸化しやすく、過酸化脂肪酸に変化しやすい特徴を持っています。
過酸化脂肪酸は発がん性のリスクがあるといわれています。
「アラキドン酸」は摂取したほうがいいけれど、発ガン性のリスクがあるのは怖い・・・。
そこで、一緒に摂取するといいとされているのが、「ビタミンE」です。
「ビタミンE」には抗酸化作用があるといわれており、アラキドン酸の酸化を防ぐ効果が期待できます。
また、ガンや心筋梗塞などの生活習慣病にも効果があるといわれているので、 「アラキドン酸」と「ビタミンE」を一緒に摂取することで、「アラキドン酸」のデメリット部分を「ビタミンE」が補ってくれる期待ができるのです。
ただし、ビタミンEは、過剰に摂取すると血液が固まりにくくなるという性質を持っています。
そのため、ビタミンEの過剰摂取にも注意が必要です。
「アラキドン酸」と「ビタミンE」は、どちらも必要な成分ですが、身体にいいからといって摂り過ぎては逆に危険もあるので、注意が必要なのです。