アラキドン酸の必要量は

「アラキドン酸」は胎内にいる赤ちゃんから乳幼児、そして高齢者まで、とても幅広い年齢層に必要なものだといえます。
「アラキドン酸」は脳の細胞に有効な成分だといわれているので、乳幼児には脳の発達に、高齢者には物忘れや認知症に効くと考えられています。
しかし、どんなに良いものだとはいっても、摂り過ぎると逆に良くない影響もあります。
過剰摂取により、アレルギーや、ガンの心配もあるのです。
そのため、摂取するときには量に気をつけなくてはいけません。
では1日に必要なアラキドン酸の量はどのくらいなのでしょうか。
一般的に、1日だいたい150mg~200mgが必要量だといわれています。
「アラキドン酸」は、肉類や魚類、卵などに含まれています。
普通に食事をしていれば、じゅうぶん必要な量を摂取できるといえます。
ただ、年齢や生活、ベジタリアンの方などによっては、不足したりすることも考えられるので、その場合はサプリメントなどがお手軽に摂れるのでおすすめです。