アラキドン酸が分類されている不飽和脂肪酸とは

「アラキドン酸」とは、「不飽和脂肪酸」の仲間です。
「不飽和脂肪酸」というのは、脂肪酸の一種で、脂肪酸は主に2種類に分類されます。
1つが「不飽和脂肪酸」で、もう1つが「飽和脂肪酸」です。
この2つの違いは、常温で固まりやすいか、固まりにくいか、が挙げられます。
アラキドン酸の仲間である「不飽和脂肪酸」は、常温で固まりにくい性質を持っています。
「不飽和脂肪酸」は、魚類や植物の油に多く含まれています。
「飽和脂肪酸」は、主に動物性の脂に多く含まれています。
「不飽和脂肪酸」の主な働きとしては、血中コレステロールの量の調整や、血中の中性脂肪の調整を助けることが挙げられます。
動脈硬化防止、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の低下、血圧を下げるなどの効果が期待できます。
また、エネルギー源となり、身体を作るうえで欠かせない成分でもあります。
一見、いいことばかりに思える成分ですが、摂りすぎには注意が必要です。
エネルギー源の元になる、ということは、摂りすぎると肥満につながる危険性があります。

↓アラキドン酸で回復する病気